巷のペットショップでは、沢山の種類のペットフードが販売されていますし、飼い主の方も、ペットの健康状態や好き嫌いに配慮してペットフードを選ぶのが当たり前となりつつあります。そのような中、人気急上昇中なのが、無添加で健康的なペットフードです。

家族同然の大事なペット達に対して、健康的な生活を送ってほしいと思うのは当たり前ですので、当然、ペット達が食べるフードにも気を使ってあげたいですよね。

ペットフードの種類によっては、ペットの体質に合う、合わないがありますし、ペットの健康を増進して、元気な体を作ってくれるものまであります。もちろん、添加物や防腐剤が一杯入ったペットフードよりかは、無添加で健康的なペットフードが好まれますし、人気が高いのは頷けます。

このサイトでは、ペットフードに関する耳寄りな情報やランキングを掲載してますのでペットフード選びの参考にしてください。

有機栽培・無添加のペットフード

現在の日本の法律では、特にペットフードの原材料に厳しい法規制はしかれていません。その代わりといっては何ですが、材料の生産者追跡制度、つまり、トレーサビリティという制度があり、ペットフードの原材料が、どこで生産されたか、その農地の場所まで追跡できてしまうのです。

添加物は一切不使用ペットフードについては、現行の制度上、いわゆる雑貨としての扱いを受けており、食材としての認識はされていません。通常の人が口にする食材であれば当たり前である合成保存料、着色料、はたまた化学物質等の薬品の規制がほとんど当てはまらないのです。

ですので、極端な事を言うと、ペットフードにどれだけ保存料を使っても法的には問題にならないケースが多いのです。

家族同然の大切なペット達には、安全で健康的なペットフード、例えば、有機栽培で安全に栽培された食材を与えたいですよね。ペットフードの原材料は、空気に触れると酸化してしまったり、できるだけ見栄えを良くするために着色されたりします。でも、酸化防止剤や着色料など健康リスクのある合成添加物は可能な限り避けたいものです。